サイクリストのお尻の悩み(腫れ・吹き出物・おでき)をどう予防する?

この新型コロナウィルスにおける自粛で、多くのサイクリストが自宅でZwiftなどのオンラインサイクリングでエクササイズやトレーニングをしているかと思います。

私もそのサービスを利用してアウトドアでのサイクリングは自粛しております。早く不安無く走りに行きたいものですね。

 

さてその室内トレーニングなのですが、非常に汗をかくと思いませんか? 私は大型扇風機を使用してますが、それでも汗は止まりません。。

トレーニングによる体調の向上は非常に嬉しいもので、私も自宅にいながら健康維持に努めています。

何も室内トレーニングに限った事ではありません。普段のアウトドアでのライドでも使える知識だと思いますの紹介したいと思います。

 

サイクリストの多くは汗による汗疹(あせも)吹き出物に悩まされることになります。これははっきり言って事実だと思います。

恥ずかしながら、私も昔カナダにいて自転車レースやサイクリングを楽しんでいた頃、お尻の「吹き出物」には悩まされました。。

 

特に、若いサイクリストや女性などは、パートナーに汚いお尻を見せられないなど、悩みは密かに深刻だと思われます。

 

かつての名自転車選手、シーン・ケリーがあるステージレースの優勝目前で、お尻のおできが原因でリタイヤを余儀なくされたエピソードがあるなど、選手にとっても神経質な問題です。

Web上の情報だと、抗菌素材のパッドが配置されたレーサーパンツの勧めや、オイル、治療薬として軟膏などが紹介されています。

しかし残念ながら、治療薬としての軟膏を除いてあまり有益な情報ではありません。

しかも例えサドルを交換しても吹き出物やおできを解決する点においては意味がありません。

毛穴に汚れが詰まる

なぜなら、レーサーパンツを履くと、あなたのレーサーパンツの中のお尻は、熱がこもり雑菌が繁殖しやすい状態になるからです。

 

 

 

つづいて多くのサイクリストが朝外出する際は次のような行動パターンになるかと思います。

起床 → 朝食 → トイレ(大) → 出発

ですよね。

残念ながらトイレを済まし、良く拭いたとしても、あなたのお尻は不潔になっています。ウォッシュレットであっても同じです。

レーサーパンツのパッド部は「面」であるため、どうしても体温・湿度が篭りやすく、雑菌が繁殖しやすいのです。 しかもレーサーパンツ内でおならをしたら雑菌がますます増えることは容易に想像がつくかと思います。

そのままレーサーパンツを履いて外出し、走り出せば汗をかくことになります。ああ想像したくありません。。

レーサーパンツのパッドが全てメッシュになると解決するかもしれませんが。。

 

言うのも少し恥ずかしいのですが、肛門まわりの毛深い方は特に注意!

毛深い肛門まわりは雑菌でいっぱい

なぜなら・・・

肛門付近が毛深い人ほど雑菌が繁殖しやすくなる環境下にあるからです。
当然ですよね。。レーサーパンツ内は温度・湿度が高いので、吹き出物ができやすい最高の環境になります。

 

ではどうすれば良いか?

私が昔カナダにいた頃、自転車レースクラブのメンバーでレースに行くことが多くありました。当然カテゴリー1やローカルプロの選手と同行です。

車内の狭いところで、着替えるために彼らのノーパン姿が見えてしまうことがあり、胸毛・腕毛はモジャモジャにも関わらず、すね毛(当然)からお尻までキレイにしてある事に気付きました。断っておきますが、その気はありませんから!

私「お尻もシェービングするの?」

彼ら「お尻のpimple(ニキビ)予防のためだよ」

私は少し頭の中が混乱しましたが、後日真似してシェーバーで注意しながら除去し、肛門まわりも剃ってみました。当然前面はある程度残してですが。。

それからはもうお分かりですね!
あっさりとこの問題は解決しました! 雑菌の繁殖を遅らせる効果はあったようです。これまで悩んでいた事が嘘のように。。
※個人差はあると思います。
※はじめは皮膚を傷つけないように十分注意し、自己責任でお願いします。

バイクライド後はできるだけ早くシャワーを浴び、お尻を清潔に努めることが大切です。それが無理であれば、液体アルコールをタオルに染み込ませてお尻を拭いて下さい。

激しいトレーニングの後は身体の抵抗力が落ちるため、吹き出物ができやすくなります。しっかりと栄養のあるものを食べて下さい。

 

それと大事な予防策があります。

普段より「布団のこまめな洗濯と乾燥」の実践

 

これですね。

ダニも人間から出る二酸化炭素に釣られて柔らかい皮膚を狙い襲ってきます。すなわち運動後のアスリートのお尻は格好の標的になるわけです。

万年床になっている方は特に注意して下さい。布団乾燥機やレ〇コップなどでしっかり対策を。

お尻のブツブツはサイクリストの勲章ではありません。対策できるところはしっかりと予防しましょう。

それではキレイなお尻で快適でバイクライド楽しんで下さい!

参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です